お電話でのお問い合わせはこちら

受付時間:9:00~16:00(土日祝を除く)

電気化学的な補修

コンクリート構造物の劣化を電気化学的な原理により防止する電気化学的防食工法があります。 急速な経済発展とともに建設されてきた社会資本の根幹をなすコンクリート建造物も、その耐久性は無限ではありません。経年とともに塩害や中性化な どによる鋼材腐食を伴う劣化が進み、ひび割れや剥離といった損傷が生じます。
電気化学的防食工法は、このようなコンクリート構造物の劣化を食い止め、 構造物の延命化を図るための効果的な技術として広く認められてきました。ま た、近年では海洋環境など厳しい腐食環境下に置かれた新設構造物の劣化に対 する予防保全技術としても利用されるようになってきています。
電気化学的防食工法には、電気防食工法と脱塩工法、再アルカリ化工法など があり、主として塩害により劣化された構造物に適用されます。いずれも工法 適用の目的は、内部鋼材腐食の進行を停止させることにあります。
電気防食工法は、コンクリート表面に陽極材を設置して、コンクリートを介 し鋼材に防食電流を供給することで、劣化損傷の原因となる鉄筋表面のアノー ド反応を停止させる工法です。
脱塩工法は、コンクリート表面に電解質を介して外部電極を設置し、コンク リート中の鋼材を陰極とし直流電流を流すことで、塩分を電気泳動によってコ ンクリート中から外部電極側へ排出します。
再アルカリ化工法は、コンクリートが炭酸ガスにより中性化し劣化した構造物に対する補修工法です。 直流電流を仮設陽極材からコンクリート中鋼材に向かって流すことでアルカリ溶液がコンクリート中の鋼材に向かって電気浸透させる。