お電話でのお問い合わせはこちら

受付時間:9:00~16:00(土日祝を除く)

コンクリートの浮き・剥離

コンクリートや外装タイルなどの浮き・はく離などの欠損です。
落ちると第三者への被害が発生することがあります。
補強繊維シートが浮いていることもあります。

その原因はさまざまです。たとえば、塩害中性化による鋼材が腐食したり、外装タイル等の経年劣化や、繊維シートなどの接着不良、施工時の問題など、コンクリート構造物、橋梁、トンネル、建物外壁と多岐にわたります。
「浮き・剥離」はかぶり(厚さ)が比較的少ない場合に、鋼材腐食によってコンクリート片が押し出された状態であり、「剥落」は、このコンクリート片が落ちた後の状態を示すものと考えられます。

調査法は、打音が一般的です。しかし、高所作業や交通規制、キ電停止など制約条件が多くあります。
制約を受け難い調査法として赤外線法があります。深さを調査するには、超音波法や衝撃弾性波法を利用します。
浮き調査のことは、まずはご相談ください。

補修例 断面の修復 表面被覆 亜硝酸リチウムによる塩害・中性化