お電話でのお問い合わせはこちら

受付時間:9:00~16:00(土日祝を除く)

断面の修復

断面修復工法とは、コンクリートの劣化部分をハツリ除去し、断面修復材にてコンクリート断面を復元する工法です。
断面修復工法の実施にあたっては、設計図書に示された補修箇所だけでなく、施工前調査を行い、外観調査および打音調査などからコンクリートの剥離・剥落部や浮き部を確認して施工します。
補修材料は、躯体コンクリートより同等以上の強度で、躯体との付着強度も規定を満足する材料が選定され、補修材料の高耐久性が要求されます。
通常はポリマーセメントモルタル系材料が使用されます。
補修する範囲が小さい場合には左官工法が、補修する部位が大きく断面成形をともなう場合は型枠を用いた充填工法が、補修する範囲が広範囲の場合には吹き付け工法が適用されます。

対応する工法


リフリート工法 『リハビリ断面修復工法』