お電話でのお問い合わせはこちら

受付時間:9:00~16:00(土日祝を除く)

リハビリ床版防水工法

床版防水工法とは

橋梁のRC床版にとって、橋面からの水分侵入は塩害ASR、疲労など、多くの劣化を助長します。従って、RC床版の耐久性向上のためには適切な床版防水工が欠かせません。
リハビリ床版防水工法は、従来の床版防水工に『亜硝酸リチウムの持つ『鉄筋腐食抑制効果』や『アルカリシリカゲル膨張抑制効果』をプラスした新しい床版防水工法です。

特徴

常温粘着型床版シート
リハビリ床版防水工法に用いる『リハビリ床版シートJ』は、耐久性が高く寸法安定性に優れたガラス基材に改質アスファルトをコーティングした常温粘着型の橋梁床版防水シートで、道路橋床版防水便覧における基本照査試験の品質基準に適合しています。また、亜硝酸リチウム塗布後のコンクリート表面への適用試験でも防水性能、付着性能等の品質が確保されていることを確認しており、『亜硝酸リチウムを併用した床版防水シートとして適しています。

 

期待される効果

常温粘着型『リハビリ床版シートJ』による高い防水性と追随性により、橋面からRC床版への水分侵入を確実に抑制します。また、『リハビリ床版シートJ』に先立って塗布する亜硝酸リチウム系表面含浸材『プロコンガードプライマー』がコンクリート内部へ浸透し、床版上縁側の鉄筋腐食を抑制します。