お電話でのお問い合わせはこちら

受付時間:9:00~16:00(土日祝を除く)

コンクリート構造物点検

コンクリート構造物点検

近年メンテナンスフリーといわれてきたコンクリート構造物も周辺環境の変化や 経年劣化に伴い劣化損傷が進行しています。
当社では構造物の長寿命化計画を背景に調査による橋梁やトンネルといったコンクリート構造物の健全度の把握、報告書作成を行っております。

調査・診断部門

非破壊調査機器等を使用し、コンクリート表面やコンクリート内部における的確な調査・診断を行っております。
また、調査・診断から得られた貴重な調査データを基に、各コンクリート構造物の劣化に即した補修・補強工法の提案を行っております。

電磁波レーダ法

一般的に配筋調査でもっとも使用されており比較的手軽に配筋調査が可能です。 当社では「コンクリート構造物の配筋探査技術者資格認証者」による調査を行います。

約30cm程度の深さまでの鉄筋の有無・本数・ピッチなどが分かります。
およそのかぶり厚さが分かります(含水率により左右される)。

はつり調査

どうしても正確なかぶり厚さ・鉄筋径を知りたい場合には、鉄筋をはつり出します。
はつり出すことで正確なかぶり厚さ・鉄筋径がわかります。同時に鉄筋の腐食状況やコンクリート中性化深さも測定出来ます。

はつり出す前に配筋探査を行い位置決めを行います。
はつりだした鉄筋のかぶり深さ測定状況
かぶり厚さだけの測定だけであればドリル穴を開けての計測も可能です。

はつりだした鉄筋の鉄筋径測定状況
はつり出した箇所の中性化深さ測定・鉄筋腐食状況も確認可能です。
破壊検査のため補修が必要となりますが当社では、はつり後の補修まで一括で行います。